JR山手線「目黒」駅より徒歩4分 ホテルプリンセスガーデン

● ホテルの照明が暗い理由

● ホテルの照明が暗い? ホテルの照明が暗い?
旅行や出張などでホテルに宿泊した際に、部屋の照明がかなり暗いと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。
普段私たちの暮らしている家やオフィスでは、天井部分から明るい光が部屋全体を照らせるようになっています。
その環境から比べると、確かにホテルの照明は人によっては暗すぎると感じてしまう人もいるかもしれません。
しかし、欧米では家庭でも日本のように天井から光を当てる直接照明ではなく、ダウンライトやテーブルランプなどを用いた間接照明を効果的に使用しています。
インテリアの一部として家具や部屋の雰囲気に合わせることで、部屋をより落ち着きのある心地よい空間へと変えているのです。
また、日本人に比べて目の色が薄い欧米の人にとっては同じ明るさの場所にいても黒みの濃い日本人の瞳で見るよりも眩しく感じられると言われています。
こうした体の違いも欧米の人と日本人の明るさに対する感覚の差となっていると考えられます。
ホテルには海外からも様々な方が訪れます。
そのため、仕事や観光などで疲れた体を癒し、ゆっくりと休んでもらうためにこうした間接照明を効果的に利用して心地よく休める空間作りを行っています。
ホテルに宿泊した際には部屋の明かりやその効果などについて改めて観察してみると面白いかもしれません。

● 照明が暗すぎると感じたら 照明が暗すぎると感じたら 欧米ではホテルは体を休めるところといった考えが一般的です。
そのため、欧米のコンセプトを取り入れている日本のホテルの中には照明が暗すぎると感じることもあるかもしれません。
しかし、ビジネスで宿泊し、部屋で少し仕事をしたいという時に部屋が暗すぎると仕事をしにくいと感じるでしょう。
こうした時にはフロントに連絡してみましょう。
最近では仕事を行う人のためにデスクスタンドなどを貸し出してくれるところもあるようです。
また、就寝時にフットライトのみでは部屋が暗すぎる時のために、キャンプなどで使えるミニランタンを用意しているという人もいます。
心地よいと感じる明るさは人それぞれですので、照明に関して困ったことがあればまずはフロントに相談することをお勧めします。