JR山手線「目黒」駅より徒歩4分 ホテルプリンセスガーデン

● 満室のホテルを予約する裏技とは

● 満室のホテルも予約が取れる 満室のホテルも予約が取れる
人気のホテルは満室になります。
また、時期によってもホテルの予約が難しいことがあるでしょう。
ホテルが満室で予約が取れないときの裏技があります。
裏技を使えば満室になっているホテルでも空室を予約できるかもしれません。
日本のホテルはキャンセル料の規定が緩いです。
3日前から30%、当日は100%のキャンセル料金を設定していますが、ホテルによっては請求しないこともあります。
このキャンセル料の緩さもあり、直前にキャンセルをする人が少なくありません。
仮押さえしていた複数のホテルから本命に絞る人もいます。
とくに海外からの観光客は事前に予約していたホテルより好条件のホテルに空室が出ると、即座に予約を切り替える人が多いです。
このような背景があるため、裏技が有効になってきます。

● 3つの3とT 3つの3とT 満室時のキャンセル待ちのホテルは、3つの「3」と「T」という裏技を使いましょう。
3つの「3」は3日前、当日午後3時、チェックイン3時間前です。
「T」はTELのことを指します。
通常、ホテルのキャンセル料金が発生するのは3日前からであるため、複数のホテルを仮押さえしていた人や、予定が確定しない人が3日前にキャンセルすることが多いです。
また、ホテルのチェックイン時刻は午後3時からが多いため、当日キャンセルは正午から午後3時過ぎくらいに出ることが多く、この時間帯のキャンセルをチェックしましょう。
当日の希望のチェックイン時間の3時間前に確認をすると、更にキャンセルが出ている可能性があります。
当日限定プランなどお得に予約できる可能性もあるため、3時間前まで諦めずに満室のホテルに確認してみてはいかがでしょうか。

「T」の裏技は、電話をすることですが、直前キャンセルによる空室はネット上には反映されていないことが多くあります。
その理由は、手数料のかかる予約サイトよりも自社HP、電話予約してきた人に宿泊してほしいからです。
実際に、ネット上に空室を掲載されていなくても、電話をしたら予約できたという成功例は多くあります。
満室時のキャンセル待ちは電話をかけてみてください。