JR山手線「目黒」駅より徒歩4分 ホテルプリンセスガーデン

● ホテルを住まいにする人とは

● ホテル暮らしは思ったよりもコストが安い ホテル暮らしは思ったよりもコストが安い
一般的に住居にしているのは、持ち家か賃貸住宅が多いでしょう。
しかし、ホテルを住居にして生活している人もいるのです。
ホテルの中には、マンスリープランを導入しているところもあり、30日以上連泊すると、1日の宿泊金額が安くなる料金設定になります。
実際のホテル住まいで気になるのは宿泊金額ですが、賃貸住宅と比較した場合に、お部屋によっては安くなるケースもあるのです。
マンスリープランの設定金額は、30日間で13万円前後が一般的になっています。
都内でも賃貸住宅のワンルームでは、10万円以下の物件も多くあるので、賃貸住宅の方が安く見えます。
しかし、ホテルでは朝食が含まれていることや、光熱費は無料となるため、賃貸住宅よりも他の出費をしなくて済むのです。
また、常に掃除のサービスが行き届いているため、自分で掃除をする必要がなく、清潔な部屋で過ごすことができます。
賃貸住宅では、入居時の敷金礼金、退去時のクリーニング代や修繕費用など、多くの金額が発生します。
しかし、ホテルを住まいにする場合は、入退去時に費用は発生することや、家具の移動などの引っ越し費用もありません。

● 寝室としてのホテル 寝室としてのホテルホテルを住まいにして、生活している人とは、どのような人でしょうか。
ミュージシャンや芸能人、社長や文学人などのホテル暮らしは有名ですが、一般の人でもホテル住まいをする人はいます。
朝食の準備があることや、掃除は毎日スタッフがしてくれるなどのホテル暮らしの快適さから、ホテルを住まいにしている人もいるのです。
住まいを決める上で、睡眠は重要なポイントではないでしょうか。
騒音問題で満足した睡眠を得られない人もいるでしょう。
しかし、ホテル暮らしの場合は、騒音問題で頭を悩ますことはありません。
また、寝具にもこだわり、ピローフィッターという職業の人が在籍しているホテルもあるのです。
ホテルを住まいにする人の中には、満足した睡眠を毎日とるためにホテルを選ぶ人もいます。